• ホーム
  • ペニスの大きさは成人すると変わらない?

ペニスの大きさは成人すると変わらない?

2020年07月11日

ペニスの大きさは成人すると変わらないと言われていますが、ケースバイケースです。
ペニスに限った話ではなく、男性の体は成人すると根本的な部分は変わらなくなります。
例えば成人してから身長が5センチ以上伸びたという話はなかなか聞きません。
ジムに通って体がむきむきになる人もいますが、あれは筋肉がついたことによるものです。

子供のうちに運動をしておくべきと言われているのは、体の骨格部分を作ることがとても大切だからです。
成人をしてから体を鍛えて筋肉をつけることは可能ですが、骨格部分を変えることは簡単ではありません。
ペニスについても同じことが言えます。

成人をしてしまうとペニスの大きさは基本的に変わらなくなります。
しかも、ペニスには筋肉がありませんので、トレーニングで大きくするということも難しいと言われています。
筋肉があるなら鍛えることで強くたくましくできますが、そもそも筋肉がないならそれはできないからです。

例外的に、ペニスの大きさが成人してから伸びたという体験談もあります。
大人になってから身長が伸びたという話があるように、例外はあるようです。
一般的に、身長は18歳で伸び止まりますが、19歳・20歳になっても伸びる人はいます。
その原因は骨端線が残っていることにあります。
骨端線は身長を伸ばす原因であり、成長期を過ぎるとなくなりますが19歳・20歳になっても骨端線が残っている人は存在するのです。
もっと稀なケースですが、25歳くらいまで身長が伸び続けるという人もいます。

ペニスの場合にも同じようなことが言えます。
成長期を過ぎると骨端線はなくなりますが、例外的に25歳くらいまでは残っている人もいるので、伸びることがあるということです。
しかしそれは意図的にやることではなく、偶然に起こることでしょう。
意図的に骨端線をいつまでも残すということはできません。
結論として、成長期を過ぎるとペニスの大きさはそれ以上は伸びなくなるので、根本的に大きさを変えるということはできません。
例外的に、25歳くらいまでは伸びつづけるケースもあります。

ペニスの大きさの悩みを解決する方法

成人後にペニスの大きさについて悩んでいる人は、ペニスを伸ばすという方法以外で悩みを解決しなければなりません。
先の説明を読んだ人は、「それではペニソールやサイズプロウルトラなどの増大サプリメントは意味がないのでは」と感じるでしょう。
しかし、ペニソールやサイズプロウルトラなどの増大サプリメントを飲むことはおすすめができます。

それはなぜかというと、ペニスの大きさを根本的に伸ばすことはできなくても、勃起力を増大させることはできるからです。
例えば本来なら最大20センチのペニスを持つ男性がいたとして、健康状態に問題があるために12センチまでしか勃起できなかったとします。
そのような人が増大サプリを飲んだら最大の20センチまで勃起できるようになるかもしれません。

特に30代以降の人に増大サプリはおすすめできます。
30代以降の人はストレスがたまりやすかったり、睡眠が十分にとれなかったり、食生活が乱れていたりなんらかの問題を抱えていることが多いです。
逆に言えば、問題があることがはっきりしているほうがその解決策もとりやすいとプラスに考えることもできます。
ストレスを発散する方法を見つけ出したり、睡眠をしっかりととるようにしたり、食生活を規則正しいものにしたりすることで解決するでしょう。

まだ30代・40代の人ならばED治療薬のお世話にならずとも解決してしまえる可能性が高いです。
薬には副作用もあるのでなるべく頼らないほうが賢いと思います。
増大サプリは薬ではなく、食材の一種なので栄養が不足していると感じたら試してみましょう。
最後に、あまり悩みすぎるのもよくありません。
女性は大きさよりも硬さや太さを重視するということを知ることで、精神的な負担が和らぐのではないでしょうか。