• ホーム
  • 不感症の女性の悩みとは?

不感症の女性の悩みとは?

2020年04月10日
悩んでいる女性

不感症の女性は実はとても多いと言われています。
しかし見た目ではパートナーには分かりづらく、人には言えずに一人で悩む事も多いので、なおさら自分だけそういう状態なのだと落ち込んでしまう事もあるでしょう。

不感症の症状として、ただ感じられない、オーガズムに達することが出来ないというだけではなく、潤滑がスムーズに行われることが出来ず性交痛の症状が出たりして、苦痛を感じてしまう事につながることもあります。
中にはパートナーにそれを伝える事が出来ず我慢をしてしまう女性もいますし、性行為を避けてしまい、パートナーとの仲に影響が出てきてしまう原因につながる場合もあるのです。

男性の勃起不全(ED)の症状は相手側にもわかりやすく、勃起しづらかったり持続できない、また途中で萎えてしまうなどの症状があげられますので、寄り添いやすいです。
もちろん男性も心はデリケートですので悩んでしまったりもしやすいですが、薬を使ってその症状を改善することが可能です。

女性も同様に不感症に対応できる薬が出ていますので、気になる方は試してみると良いでしょう。
具体的にはバイアグラの女性版でラブグラという薬が挙げられます。
この薬はバイアグラのジェネリックで、シルデナフィルという成分が配合されている事で、クリトリスや膣内の血流がアップして感度を高める事が出来ます。
またそれだけではなく潤滑も十分にはたらいてきて、性交痛の痛みが無くなるというメリットもあります。

生活習慣やホルモンバランスの乱れも不感症の原因となることもありますので、対策として生活習慣や精神的な所の部分で対策をしていくことで自然に治っていく事もありますが、もしそれでも改善が見られないようであれば、こういった医薬品を使ってみる事もお勧めします。
性的な興奮を高める媚薬もありますし、様々なアプローチの方法があります。
自分にあった方法を見つけて、パートナーとの時間をより有意義に過ごせるようにしましょう。

原因を知ることで予防になる

不感症の場合、もともとあまり感じられないという場合には、まだ自分の経験やパートナーの経験が不足している事で開拓が十分ではないことも考えられます。
しかし前はそんなことはなかったけれど、濡れにくくなったり、性交痛などの痛みが出たり、感じられなくなってしまったという事でしたら、原因を知る事から始めていきましょう。

まず生活習慣やホルモンバランスというのも影響があります。
睡眠不足や食生活のバランスが崩れていたり、運動不足であったりすると、自律神経の失調が出てくることもありますし、精神的な悩みを抱えている場合も同様です。
身体はとても敏感ですので、何かいつもと違う状況が起こっていると、性行為のときにも影響が出てくる場合もあります。
睡眠や食生活、適度な運動を心がけるということから始めていきましょう。

また、出産後のホルモンバランスの乱れや、育児の疲れなどが重なっていても、不感症になったり、そもそも性行為をする気分にもなれないという状況に陥ることもあります。
その際はパートナーにも理解をしてもらう事が大事です。
男性もデリケートですので、伝え方なども考えながら伝えていきます。
時間が経つ事で育児も慣れてきたり、心にも余裕が出てくることで自然に症状が復活することも多いです。

また、様々な事を試みたけれど、どうしても改善出来ないという場合には、薬に頼ってみるという方法も一つの手段です。
バイアグラといえば男性のED治療薬の一つですが、女性用のものもラブグラという名前で出ています。
世界的にも使われているお薬で、シルデナフィルという成分の働きでクリトリスや膣内への血流をよくして感度を高め、潤滑しやすい状態になります。
まずは使ってみましょう。