• ホーム
  • 有名な女性用バイアグラは?ラブグラが代表的

有名な女性用バイアグラは?ラブグラが代表的

2020年02月27日
手のひらにあるカプセルと葉

性の悩みを持つのは男性だけではありません。
男性ですと勃起しないなどパートナーにも分かりやすいですが、女性の場合は不感症や性交痛など見ため的にわかりづらいところもありますし、相談できなかったりで、一人で抱えてしまう事も有ります。
しかしその対応策として男性同様に薬を使っていく方法がオススメです。

媚薬と言われている興奮を高める物も有りますが、男性用のバイアグラでも使われているシルデナフィルなどが配合されているので、内側から分かりやすく効いてくるため多くの方が愛用していると言われてます。

女性用バイアグラという位置づけで、薬の名前はラブグラと言います。
ウーメラという製薬会社によって製薬されている、バイアグラのジェネリック薬品で、女性用に開発されています。
女性用バイアグラも服用する事によって血流を良くするという効果がありますが、それによってクリトリスや膣内の血流が良くなり、感度が高まります。
また潤いも満たされる事で、性交時の痛みを緩和する事ができるため、性交痛が気になる方にもお勧めです。

性交痛は潤滑する機能が働かない、すなわちクリトリスや膣内の血流が悪くなっていたりする事で起こりますが、その部分を潤滑させることが出来れば感度も高まりますし潤滑もあるので悩みを解決する事につながります。

ラブグラの副作用として挙げられるのは、頭痛やめまい、動悸や息切れなど、血流に作用する薬なのでこういった症状がまれにみられることがあります。
しかし薬の効果が切れるとともに副作用の症状も治まることがほとんどですので、あまり気にすることはありません。

併用禁忌としてはピルなどが挙げられています。
血流に作用する薬という事ですので、ピルとの併用は気を付けましょう。
また効果的な服用方法は性交を行う30分から1時間ほど前の空腹時に水で飲むことです。
アルコールや牛乳、柑橘系の果物などを食べていると効果は薄れてしまいますので要注意です。

不感症対策に使うこともある?

女性用バイアグラ、ラブグラは女性の性の悩みを解決してくれる医薬品です。
性交痛などの悩みに効果が有りますが、それ以外でも不感症にも作用するという事で、リピーターも多いです。

女性用バイアグラは基本的には男性用のバイアグラのジェネリックで、主成分にはシルデナフィルが配合されている事で、クリトリスや膣内の血流を良好にすることが出来ます。
そのため感度も高まりますし、スムーズな潤滑が行われるため、痛みを緩和したりすることにつながります。

不感症で悩んでいる方は、血流が十分でないことも考えられますので使ってみると良いでしょう。
服用は空腹時が効果的です。
またピルを飲んでいる方は併用することは避けた方が良いという併用禁忌になっていますので要注意です。
高血圧の方で血圧に関係する薬を飲んでいる方も控えた方が良いです。

ラブグラはアルコールや牛乳、また柑橘系の果物やジュースと摂取すると効き目が落ちますので、水と飲む事をお勧めします。
また飲むタイミングは性交を行う30分前から1時間前で、4~6時間程度の持続です。

男性はなかなか勃起しなかったり、途中で萎えてしまう、また持続力が短いといった事で悩んでいたり、EDという症状が分かりやすいものです。
しかし女性の場合は、濡れづらかったりする事で痛みを感じたり、不感症といった事ですと男性からもわかりづらく理解してもらいづらい部分があります。
それでも自分でその症状が気になっていて悩んでいるという方は多いですし、女性用バイアグラのラブグラを服用する事で悩みが解消されたという方もたくさんいますので、試してみる事をお勧めします。
個人輸入で手軽に購入することができますので信頼できるサイトから購入しましょう。