儲け主義の歯医者と親身で対応してくれる歯医者がいると言う事

ここ数年歯医者にかかる事が無かったのですが、昔かぶせてもらった銀歯が外れてしまい、鏡で隠されていた歯を見たら、真っ黒に内部が虫歯にやられていて、かなり大げさな治療をしました。歯医者ではレントゲンをとって全体を見て治療計画をたてるのが一般的になりましたが、自分が始めに選んだ歯医者が、自宅から自転車で数分で予約も電話して当日に治療してくれる便利なところであるという理由で選びましたが、治療を続けていくうちに、???と疑問が沸いてくる、治療を遠回りしてお金をジワジワ吸い取る歯医者であると気がつきました。
 

普通は歯のクリーニングをしてから治療に入り、ドリル的な機材で削って樹脂をつめて終わる場合と、ひどい場合は銀歯なりセラミックでかぶせるのが普通ですが、はじめにかかった歯医者はドリルを使って削らない方針の歯医者で、他の歯医者では数回けずって埋めて終わりのところと、けずるのに2週間くらいかけてジワジワ虫歯を削って詰め物をするタイプの新しい?タイプの歯医者でした。
 

歯医者について詳しくなかったので、なすがままに治療を受けていましたが、さすがに毎日仮の歯を被せて、すぐ外れて、またくっつけて外れてを何回もくりかえされ、なかなか治療を終えてくれない事に気がつき、いやけがさして自然消滅させて、両親が通っている少し自宅から離れている歯医者に通ったところ、かなり両親的で、治療方針を全てわかりやすく初回に提案してくれて、無駄を省く丁寧で親切な治療をしてくれました。
 

歯医者に何か違いがあるとは想像もしていませんでしたが、治療をわざと遅いペースで行い何回もかよわせるところもあれば、必要最低限の治療をする歯医者もあり、自宅から近くて予約が取れやすいという安易な歯医者の選び方をしてはいけないと始めて気がつきました。
 

親知らずが1本変に生えていたのですが、悪徳歯医者では親知らずを抜くと痛みが一生取れない事があるが保障は出来ないと恐ろしい事をいわれましたが、変えた歯医者では親知らずを取るのはほんの少しの時間で抜けますといわれ、以前おびえさせられた歯医者が痛みが一生消えない云々言われた事を相談したところ、そんな事が起こる事はほぼ100%無いと教えてもらい、近々、親知らずを抜いてもらう事になりました。恐怖心を煽って、責任逃れをして、治療に時間をかける歯医者もいれば、最短で治すべき歯をどうやって治して行くか全て隠さずに教えてくれる歯医者もあり、当たり外れが確かにあり、当たりの歯医者さんを選んで納得のいく治療をしてもらえる事を知る事が大切だと経験する事が出来ました。